常滑焼作り手紹介 北條陶房 伝統工芸士 清水源二

伝統工芸士 
日本工芸会 正会員

  作者経歴
   昭和20年 愛知県常滑市に生まれる
   昭和38年 県立常滑高校窯業科卒
   昭和45年 輸出陶磁器デザイン展初入選 以降1回入選
   昭和48年 東海伝統工芸展初入選 以降14回入選
   昭和49年 長三賞陶業展長三賞受賞 以降4回入選
   昭和53年 日本伝統工芸展初入選 以降1回入選
   昭和59年 中日国際陶芸展初入選 以降2回入選
   昭和60年 陶磁器デザインコンペティション入選
                         以降2回入選
   平成3年  伝統産業優秀技術者県知事表彰
   平成5年  知多伝統工芸展香炉出品
           半田市立博物館買上げ
   平成6年  通商産業大臣 伝統工芸士認定
   平成7年  産地振興展 通商産業大臣賞受賞
   平成10年 第6回 テーブルウエア大賞展にて入賞
   平成15年 第6回 日本工芸士作品展 入賞
   平成18年 伝統的工芸品産業功労者褒賞受賞
   平成24年 産地振興展 内閣総理大臣賞受賞

【北條陶房】清水源二先生の特徴は「焼締め」の作品が多いことです。
今では「焼締め」は多くの急須職人が技法のひとつとして使用していますが、清水源二先生が第一人者です。

焼き物というのは元来「良い土が出るから出来るもの」であり、その場所で土をこね、作品を造り、窯を築き、そしてその場所で焼く、完成した作品はその土本来を生かした作品が出来る。焼〆は土本来の素材を生かすことが出来る。このような考えの下で作品を造られています。
先生のロクロ引きの作品は自然の素材を生かして焼き物を作るそれを使う。「自然のもので作りたい」という考えで素材を生かすことが出来る“焼〆”の手法を始めたとの事でした。

【源三陶房】の清水源三先生は弟さんで、お二人そろって常滑焼の伝統工芸士です。

会社情報 ニュースリリース ビジネスインフォメーション 通信販売 サイトマップ
会社概要 2012年 取扱商品 楽天市場支店 フェイスブック
事業内容 2011年 Shinzi Katoh Design 常滑焼 ツイッター
 工業用部品部門 2010年 常滑焼 高岡漆器 リンク
 日用品雑貨部門 2009年  常滑焼作家一覧 江戸硝子
主要取引会社 高岡漆器 通信販売の注意事項
取引銀行 江戸硝子 楽天市場支店フェイスブック
沿革 楽天市場支店ブログ
ホーム>ビジネスインフォメーション>常滑焼>作家一覧>【北條陶房】清水源二
本社:愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパンホームページ シンジカトウデザイン商品の製造・販売、伝統工芸品 常滑焼、高岡漆器、江戸硝子小売販売 金属・樹脂製工業商品・部品の見積提案をしています。 お問い合わせ
トップページ会社概要ニュースリリースビジネスインフォメーション楽天市場店舗リンク
業者様、お気軽にご相談ください。TEL:0569-58-0195
愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパン 工業用部品製品情報
愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパン 日用雑貨品部門の紹介 会社所在地である知多半島地場産業商品および日本の伝統工芸品を自社通信販売、楽天市場のネットモール販売通じて市場へ販売しています。
通信販売
通信販売の注意事項