本社:愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパンホームページ シンジカトウデザイン商品の製造・販売、伝統工芸品 常滑焼、高岡漆器、江戸硝子小売販売 金属・樹脂製工業商品・部品の見積提案をしています。 お問い合わせ
TOP PAGE COMPANY NEWS RELEASE BUSINESS Info Rakuten Ichiba Link
トップページ 会社概要 ニュースリリース  ビジネスインフォメーション  楽天市場 リンク
常滑焼 手作り急須 製作工程 粗練り
取材日2011年11月21日
今回は粗練りと菊練りです。

前回、「はすガメ」に寝かせた土を取り出します。
村越先生の弟子の伊藤さん。
軽々と持っていますが、土の密度が濃いので結構重いです。持たせてもらいましたが漬物石のように重かったです。

土を工房へと持っていきます。
土を練り台の上に置きます。
練り台の上で土を叩いて長方体の形にしていきます。
長方体にした土を今度は切り糸で半分にカットします。
練りやすい大きさにカットした土に粗練りをします。荒練りとも表現しますが、粘土を軟らかくするために、最初は粗練りで良く揉んでいきます。
大手の窯元だと粗練りを機械で常圧式土練機を使用しています。大量に粘土を使う場合は土練機を使用すると楽に大量の粘土を粗練りできますが手作り急須ですと一度にそれほど多くの土を必要としないので手作業でしていきます。
次に菊練りです。菊練りは粘土の中の空気を抜き、粘土の中に気泡が残らないようにするためにおこなう、仕上げとしての練りです。
ちなみに大手の窯元だと菊練りを真空式土練機という機械を使用しています。土を練ると同時に粘土の中の空気を真空ポンプで吸い出すことにより、菊練りまで完了してくれます。
非常に楽で助かりますが、機械そのものが大型で価格も高くなります。

粗練り、菊練りともに腰に負担がかかる作業ですが「慣れですよ」と伊藤さんに言われてしまいました。
粗練りと菊練りが終わった。粘土です。

さあやっと急須が作れる土になったと思ったら・・・村越先生「まだここで一手間かけるんだよね」といって土を手に取りました。

次回の「打ち合わせ」。
次回・・・更に粘土内の空気を抜く作業「打ち合わせ
ホームビジネスインフォメーション常滑焼常滑焼急須造り>粗練り
業者様、お気軽にご相談ください。TEL:0569-58-0195
愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパン 日用雑貨品部門の紹介 会社所在地である知多半島地場産業商品および日本の伝統工芸品を自社通信販売、楽天市場のネットモール販売通じて市場へ販売しています。
通信販売
通信販売の注意事項