本社:愛知県半田市 株式会社サンウェイ・ジャパンホームページ 伝統工芸品 常滑焼、高岡漆器、江戸硝子、越前漆器、九谷焼の卸小売販売 金属・樹脂製工業商品・部品の見積提案をしています。 お問い合わせ
TOP PAGE COMPANY NEWS RELEASE BUSINESS Info Rakuten Ichiba Link
トップページ 会社概要 ニュースリリース  ビジネスインフォメーション  楽天市場 リンク
高岡漆器は、江戸時代の初め(慶長14年(1609年))、加賀藩主二代目前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際、武具や箪笥、膳など日常生活品を作らせたのが、始まりです。
その後、中国から堆朱(ついしゅ)、堆黒(ついこく)等の技法が伝えられ、多彩な色漆を使って立体感を出していく彫刻塗、錆絵(さびえ)、螺鈿(らで ん)、存星(ぞんせい)等多彩な技術が生み出され、高岡漆器を有名な漆器産地として発展してきました。

これらの技法は、高岡の祭りで使われる絢爛豪華な御車山(みくるまやま)に集結され、町人文化の中にしっかりと根づき発展してきました。
昭和50年(1975年)に国の「伝統的工芸品」の指定を受けました。


当社では高岡漆器製造業者の協力を得て、高岡漆器製品を販売しています。
高岡漆器の代表的な技法
青貝塗
青貝塗は漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつです。
貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法です。
彫刻塗
彫刻塗は、多彩な色漆を自在に配して立体感と独特の艶を出していく技法です。色漆による彩色技法、あるいは全体を朱塗りした後、凹部にマコモ墨を入れて陰影をつける皆朱塗りなどによって数多くの作品が生み出されています。
勇助塗
唐風の雰囲気をもつ意匠に花鳥・山水・人物などの錆絵や箔絵を描き、要所に青貝、玉石などを施すなどの総合技法によってつくりだされるもので、繊細かつ雅趣に富んだものです。
漆ガラス
透明感と硬質的な美しさ、様々な光を通して、表情を変える楽しさ、音の響きを持った“ガラス素材”に高岡漆器の代表的な特徴の一つである螺鈿(あわび貝)技法を取り入れ、漆で仕上げを行いました。
高岡漆器(青貝塗)の製作工程
商品カタログ
会社情報 ニュースリリース ビジネスインフォメーション 通信販売 サイトマップ
会社概要 2012年 取扱商品 自社サイト本店 フェイスブック
事業内容 2011年 常滑焼 常滑焼 ツイッター
2010年  常滑焼作家一覧 高岡漆器 リンク
日用品雑貨部門 2009年 高岡漆器 江戸硝子
主要取引会社 江戸硝子 通信販売の注意事項
取引銀行 越前漆器 楽天市場支店フェイスブック
沿革 九谷焼 楽天市場支店ブログ
ホーム>ビジネスインフォメーション>高岡漆器
お問い合わせ
TEL
0569-58-0195
FAX
0569-58-0858
日用雑貨品
製品情報
通信販売
通信販売の
注意事項
常滑焼
高岡漆器
江戸硝子
九谷焼
越前漆器